行田市観光の最新情報をリアルタイムにお届けする観光協会公式ブログです。
行田市観光協会が行田市の魅力をお伝えするブログです!最新の情報はこちらから。
エキストラ募集のご案内

TBSテレビより

「半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ」エキストラ募集の御案内です。

 

企画概要

 【原作】  池井戸潤

 【監修】  福澤克雄

 【監督】  松木彩

 【出演】  吉沢亮、今田美桜他

 【公開】  2020年1月3日23時15分から放送

 【制作】  TBSテレビ

 

募集概要

 【日程】  令和元年12月13日(金)
              12月15日(日) (16日も来れる方優先)
              12月16日(月)

 

 【場所】  埼玉県行田市  
        TBSボランティアエキストラ募集サイトでの当選者のみ連絡

 

 【時間】  13日、15日  8:30~22:30頃 8時集合 (変更の可能性あり)
            16日 13:00~22:30頃 12時30分集合 (変更の可能性あり) 
        (多少の途中参加、途中退室は可)

 

 【募集人員】   証券会社の社員 22~60歳代  男性15名 女性10名
           車でご来場可能な方優先 

 

 【服装等】     証券会社の社員を演じて頂く方は、男女とも紺か黒かグレーのスーツと 黒革靴、黒パンプス等を持参してください。また、筆記用具、小型ノートPC等をお持ちの方がいれば、是非持参していただきたく存じます。

 

応募締め切り  13日の募集 12月12日(木) 21:00まで
            15日の募集 12月14日(土) 21:00まで
           16日の募集 12月15日(日) 21:00まで

 

※お一人の参加も大歓迎です 

男性同伴者は当選確率が高いですので、可能ならお誘い合わせの上ご参加下さい!

 

【申込】  TBSテレビボランティアエキストラ募集サイトからお申し込みください。

        募集サイトURL  http://www.tbs.co.jp/extra-boshu/

詳しくは以下のデータをご参照ください

埼玉県行田市EX募集事項2_.doc

「新たな観光まちづくりに向けた説明会」の開催について

近年、日本全体において少子高齢化や人口減少は進んでおり、本市においても同様の傾向が見られます。そうした中、本市を継続可能な地域とし、後世に残していくには、交流人口や関係人口を増加させていくことが大切です。

そこで今後戦略的に観光まちづくりを進めていくために、事業者や各団体、市民の皆様を対象に、下記の内容を議題とした説明会を開催します。また、説明会の出席者を対象に、今後ワークショップも開催していく予定ですので、本市の観光やまちづくりにご興味がある方はご参加ください。

▸内容 今後の行田市の観光について

▸日時 令和2年1月19日午後2時~午後3時(受付午後1時30分)
      令和2年1月27日午後2時~午後3時(受付午後1時30分)
      令和2年1月27日午後7時~午後8時(受付午後6時30分)

▸場所 商工センター4階 401研修室

▸ご参加方法 当日受付となります

▸お問合せ   行田市観光協会 048‐556‐1111(内線375)

「ぬまのほとりであいましょう」開催のお知らせ

 

水城公園のぬまのほとりに素敵なお店が大集合します!

いつもの公園がちょっぴり楽しい憩いの場所に!

お散歩ついでにお立ち寄りください

 

【開催日】  令和元年12月7日(土) 小雨決行

                    ※荒天時は中止することがあります

           その際はわわわ工房HPにて告知します

【時間】    10:00~15:00

【場所】    水城公園内 忍沼のほとり

【主催】    NPO法人わわわ工房

【HP】     https://wawawakobo.com

沼のほとりで会いましょう12月.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「師走忍城絵巻」開催のお知らせ

 

『師走忍城絵巻』(しわすおしじょうえまき)開催のお知らせです!

 

忍城おもてなし甲冑隊が皆様へ
1年間の感謝を込めて開催する「師走忍城絵巻」
毎年恒例となった特別演目の披露や成田軍各々が心を込めて考えた
プレゼントが当たる抽選会など内容盛りだくさんで開催いたします!
モテコ12月号付属の引換券をお持ちになった方には粗品のプレゼント
もございますよ!

また、秋田県横手市を拠点に活動する「清原紅蓮隊」の皆様が忍城へ
初来訪!
成田軍と共に演舞披露やおもてなしを行って下さいます。

開催日:2019年12月22日(日)※雨天決行
場所:忍城址
時間:10時~12時 / 14時~15時30分
内容:甲冑隊による特別演目披露!
     甲冑隊からのプレゼントが当たる大抽選会開催!
    モテコ12月号付属の引換券をお持ちになった方へ粗品プレゼント!

【スケジュール】
10時00分~  抽選券配布
11時00分~   演舞披露
           抽選会
14時00分~  演舞披露
           抽選会
           おもてなし


お時間ございます方は、ぜひともお越し下さいませ!


【注意事項】
※抽選券の配布は午前のみとなります。配布時間内にお受け取り下さい
※抽選券は午前・午後共通のものとさせていただきます
※抽選会へご参加される方は演舞終了後、その場でお待ち下さい
※雨天の場合はスケジュールが変更となる場合がございます

師走忍城絵巻2019.jpg

 

行田 酉の市2019

令和元年12月6日(金)愛宕神社にて「行田 酉の市」が開催されます。

毎年、寒さが本番の師走に行われる「行田 酉の市」は、「開運・家運隆昌・商売繁盛」を祈念するお祭りです。

熊手などの縁起物を売る露店が並び、人々で賑わいます。

ご家族やご友人をお誘い合わせのうえ、暖かい格好でお越しください。

 

■ 開催日  令和元年12月6日(金)

■ 時   間   15:00~21:00 交通規制 15:00~21:30

■ 場   所  愛宕神社(行田市行田24-15)周辺

 

酉の市当日は、県道128(旧国道125)号線の一部に交通規制が実施されます。
以下の案内図にてご確認ください。

R1酉の市案内図.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R1酉の市案内図.pdf

 

「行田足袋」が国の伝統的工芸品に指定されました

伝統的工芸品マーク.png

経済産業大臣が指定する「伝統的工芸品」は全国で232品目(昨年度時点)あります。この度、行田市で製造される「行田足袋」が伝統的工芸品に指定されました。埼玉県内で江戸木目込人形、春日部桐箪笥、岩槻人形、秩父銘仙に続く指定となります。

39.行田足袋.JPG

 

【行田足袋とは】

行田市ではかつて木綿が栽培され、五街道の1つである中山道を通る旅人が多くいたことから足袋の製造が盛んになりました。江戸時代の中頃から特産品としてその名が知られるようになり、江戸や東北地方にも出荷されました。明治時代後半にミシンが導入されると生産量が増加し、行田は全国一の足袋の産地となりました。

【行田足袋販売施設】

伝統的工芸品に指定された行田足袋を以下の店舗でお買い求めいただけます。靴下にはない裸足感覚をぜひ体感してください。

〇きねや足袋㈱

行田足袋づくりが見学・体感できる工場見学を随時受付しております。見学の際は、事前に必ず連絡してください。

※平日(祝日を除く)9:00~11:00、13:00~16:00

 <基本情報>

住所     :行田市佐間1-28-49

電話     :048-556-6361

メール    :info@kineyatabi.co.jp

HP      :http://kineyatabi.co.jp/kineya/

通信販売:https://kineyatabi.base.shop

 

〇創作足袋「千代の松」

行田足袋づくりが見学・体感できる工場見学を随時受付しております。見学の際は、事前に必ず連絡してください。

※平日(祝日を除く)9:00~14:00

  <基本情報>

住所     :行田市忍1-1-16

電話     :048-564-0785

通信販売:https://item.rakuten.co.jp/chiyonomatsu/c/0000000100/

 

〇ガクヤ㈱

 <基本情報>

住所       :行田市向町14-20

電話       :048-556-3121

HP・通信販売:http://www.gakuya.co.jp

 

〇㈱武蔵野ユニフォーム

 <基本情報>

住所         :行田市藤原町2-7-7

電話         :048-554-7325

HP・通信販売:http://www.musashinouniform.co.jp/shop/

 

〇㈱イサミコーポレーション

 <基本情報>

住所         :行田市向町4-31

電話         :048-556-1331

HP・通信販売:www.isamicorp.co.jp

 

〇観光情報館ぶらっと♪ぎょうだ

 <基本情報>

住所    :行田市忍2-1-8(行田市商工センター1階)

電話    :048-554-1036

HP     :https://www.city.gyoda.lg.jp/15/04/12/kihon_zyouhou/kankoujyouhoukan.html

通信販売:なし

             

 

〇まちづくりミュージアム

 <基本情報>

住所    :行田市行田5-15

電話    :048-552-1010

HP     :http://www.tabigura.net/machidukuri.html

通信販売:なし

 

 

令和2年4月1日から観光レンタサイクルの運用が変わります

 

行田市観光協会では、今後も観光レンタサイクル制度を継続していくため、下記のとおり令和2年4月1日から運用を変更させていただきます。運用変更後におきましても、ぜひ観光レンタサイクルをご利用のうえ、市内観光をお楽しみください。 

▸主な変更点

 

  変更前

 

 

 

 

変更後
利用目的 観光目的 目的を問わない
走行範囲 市内 範囲を問わない

 

 

取扱施設

バスターミナル観光案内所
観光案内所(JR行田駅前)
観光情報館ぶらっと♪ぎょうだ
郷土博物館
NPO法人さくらメイト事務所
古代蓮の里
はにわの館

バスターミナル観光案内所
観光案内所(JR行田駅前)
観光情報館ぶらっと♪ぎょうだ
 利    
 用 
 料
 金
シティサイクル
(2、3人乗りを含む)

無料

500円
クロスバイク 無料 800円
電動アシスト付 500円 1,000円
利用予約 利用1ヶ月前から1週間前
までに限り5台まで可
予約制度を廃止

▸利用方法
 取扱施設の営業時間内にご来店いただき、
 利用申請書に必要事項を記入していただきます。
 その際、身分証明書をご提示ください。

▸利用時間
 取扱施設の営業時間内に返却していただきます。

▸問い合わせ
 行田市観光協会
 ☎048-556-1111(内線375)

 

 

エキストラ募集のご案内

映画「騙し絵の牙」撮影のロケが行田市で行われます!

原作は「罪の声」、「歪んだ波紋」等を執筆された塩田武士さん、

監督は「桐島、部活やめるってよ」、「羊の木」等を手がけた吉田大八さんです。

 

撮影に伴い、以下の日時、場所でエキストラを募集中です!

お申し込みは画像内の制作者のメールから受け付けています。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

企画概要

 【作品名】  騙し絵の牙

 【原作】    塩田武士

 【監督】    吉田大八

 【出演】    大泉洋、松岡茉優、 他

 

募集概要

 【日程】    令和元年12月16日(月) 予備日12月17日(火)

 【場所】    行田市内

 【時間】    8:30~16:30(予定)

 【設定】    本屋に行列を成すお客さん(季節は夏)

 【申込】    以下の画像をご参照ください

   行田市エキストラ 騙し絵の牙.jpg

「ぎょうだふるさと検定」の解答集 配布中

10月18日(金)から配布中の「ぎょうだふるさと検定」の解答集を、下記の配布場所にて無料配布しております。

  ・行田市役所商工観光課

  ・行田商工会議所 

  ・南河原商工会

  ・行田市内の公民館

  ・行田市観光案内所

  ・行田市バスターミナル観光案内所

  ・観光情報館ぶらっと♪ぎょうだ

  ・観光ガイドステーション

  ・古代蓮会館

  ・行田市郷土博物館

  ・総合福祉会館やすらぎの里

   等以上が配布施設です。

 

下記のファイルからも回答集がダウンロードできます。

【解答集】令和1年ぎょうだふるさと回答.pdf

 

 

行田市の「埼玉(さきたま)古墳群」が国の特別史跡に指定されることになりました

 

さきたま古墳群.jpg

行田市の「埼玉古墳群」が、古墳群としては東日本で初めて国の特別史跡に指定されることになりました。

特別史跡は学術上特に価値が高く、有形文化財の「国宝」に相当するもので、埼玉県内では初めての指定となります。

 

「埼玉古墳群」は埼玉県名発祥の地行田市大字埼玉(さきたま)にあります。5世紀後半から7世紀はじめころまでにつくられた古墳群で、国宝「金錯(きんさく)(めい)(てっ)(けん)」などが出土した稲荷山古墳など前方後円墳8基と、国内最大級の円墳で直径105メートルの丸墓山古墳の大型古墳計9基から構成されています。

 

「埼玉古墳群」とその周辺はさきたま古墳公園として整備されており、公園内の「はにわの館」では自分だけのはにわや土器などを作ることができます。

はにわの館HP「https://www.ikiiki-zaidan.or.jp/haniwa/index.html

 

さらに、市内の各所で前方後円墳の形をした行田古代米カレーを楽しむことできます。行田市産の食材を使用し、お店ごとに違った味、盛りつけ、トッピングで、食べ比べしてみたくなる行田オリジナルカレーです。古代米の色素に含まれている鉄分は貧血予防、ポリフェノールは動脈硬化の予防や血管年齢の若返が期待できます。美味しくて、健康的で、まさに一石二鳥です!

さきたま古墳・行田古代米カレーの会HP「http://kodaimai.net/

 

古墳を見て、登って、作って、食べて、古墳づくしの観光はいかがでしょうか!!

古代蓮の里イルミネーション2019のお知らせ

令和元年11月23日(土)~令和2年1月5日(日)の期間、古代蓮の里で

イルミネーションが点灯されます!

点灯時間は16:30~21:00です。

さらに、点灯式の行われる11月23日(土)と12月7日(土)、21日(土)

には、プロジェクションマッピングを見ることができます!

展望タワーから眺める10万石の夜景の他、週末はプレミアムコンサート

(18:00~約1時間)をお楽しみください♪

古代蓮イルミネーション 表面.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 古代蓮イルミネーション 裏面.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくは古代蓮の里ホームページをご覧ください。

https://www.ikiiki-zaidan.or.jp/kodaihasu/event/index.html

エキストラ募集のお知らせ

映画撮影のエキストラ情報をお知らせします。

 

栃木県足利市で新作映画のエキストラを募集しています。

佐藤浩市さん、石田ゆり子さん、西島秀俊さん、

他、豪華キャストが勢ぞろいするようです!

皆様のご参加を心よりお待ちしております!

詳しくは下記のデータをご参照ください。 

ROBOT新作映画 足利 キャスト入.pdf

 

「東日本震災復興チャリティーライヴ」開催のお知らせ

忍城址公園で行田市ゼリーフライの大使である潮崎ひろのさんによる

「東日本震災復興チャリティーライヴ」が開催されます。

行田のソウルフード「ゼリーフライ」やご当地グッズの販売も!

隣接する行田市郷土博物館と併せてお立寄りください。

【開催日】 令和元年11月24日(日)

       ※雨天・荒天の場合、観光情報館ぶらっと♪ぎょうだ店内で開催します

【時間】   1stステージ

       11:15~11:45 月替わりゲスト

       11:45~12:15 潮崎ひろの

       2stステージ

       14:15~14:45 月替わりゲスト

       14:45~15:15 潮崎ひろの

【場所】   行田市忍城址公園

【主催】   行田市ゼリーフライ大使・潮崎ひろの「東日本震災復興チャリティライヴ」実行委員会

【お問い合せ】 

        048-554-0789  (有)ポップ企画

 東日本震災復興チャリティライヴ.jpg

ライヴの詳細は以下のデータをご覧ください。

東日本震災復興チャリティライヴ詳細.pdf

 

第40回行田商工祭 忍城時代まつり

令和元年11月10日(日)、第40回行田商工祭・忍城時代まつりが

開催されます。

 

【日時】  令和元年11月10日(日) 10:00~16:00

【会場】  行田市役所周辺

       行田市産業文化会館周辺

       行田市郷土博物館周辺

【主催】  第40回行田市商工祭・忍城時代まつり実行委員会

       行田商工会議所(048-556-4111)

 

物産大バザールや火縄銃演武、武者行列、ささら獅子舞など、

歴史ある行田を感じながらお腹も満たされるイベントになっております。

産業文化会館では、ミシンを使った小物作成なども開催予定です!

是非遊びに来て下さい!

 

火縄銃演舞.JPG

 

第45回行田市菊花展のお知らせ

2019年10月31(木)から11月10日(日)まで、行田市郷土博物館入口、駐輪場付近にて、

「第45回 行田市菊花展」を開催します。

行田市の市花、菊。

愛好会の皆様が丹精こめて育てた美しい菊の競演をお楽しみください。

 

ちなみに今年の競技花は、厚物「国華越山」です。

厚物、管物、福助、ダルマなどなど、菊といっても様々です!

期間中は終日、行田市郷土博物館敷地内にて展示してありますので、お気軽にお立ち寄りください。

厚物.JPG

管物.JPG