行田市観光の最新情報をリアルタイムにお届けする観光協会公式ブログです。
行田市観光協会が行田市の魅力をお伝えするブログです!最新の情報はこちらから。
2015年3月の記事
☆わらアートクイズ当選者発表☆

平成27年2月28日(土)まで展示されていたわらアートも好評のうちに終わりました。

展示期間中に開催されていた『わらアートクイズ』にも沢山のご応募ありがとうございました。

『わらアートクイズ』正解は・・・・・・『65』

市制65周年記念事業と言う事でしたので、簡単でしたでしょうか?

『わらアートクイズ』当選者は次の皆様になります。

☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・

《行田市内共通商品券》(1万円分×5名)

埼玉県さいたま市  北尾 佳寿紗さん

埼玉県鴻巣市     斉藤 裕二さん

神奈川県相模原市  高原 進さん

 東京都青梅市     高山 紗由美さん

埼玉県行田市    堀口 光子さん

☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・

《彩のかがやき》(5キロ×20名)

埼玉県羽生市    天野 重人さん          埼玉県北本市  小林 佳子さん

埼玉県行田市    新 由行さん            埼玉県能谷市  斉木 由佳さん

埼玉県北葛飾郡   石神 栄治さん          埼玉県行田市  柴崎 弘さん

埼玉県比企郡    内田 敏男さん           埼玉県行田市  杉 祐希さん

埼玉県北本市    奥山 久美子さん          埼玉県鴻巣市     田中 昌利さん

埼玉県久喜市    大熊 高治さん            埼玉県行田市     野口 達也さん

群馬県太田市    音村 恵里佳さん           埼玉県行田市     野村 彩乃さん

埼玉県行田市    川端 昭夫さん           埼玉県加須市   濱本 孝美さん

埼玉県鴻巣市    くまざわ かなとさん      埼玉県行田市   本多 満智子さん

埼玉県川越市    斉藤 宏さん           栃木県栃木市  広井 雅樹さん

 ☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・☆。・

 

以上25名の方が当選しました。

おめでとうございます!!

 

 

 

 

 

 

✿平成27年 桜ボンボリまつり開催✿

平成27年4月4日(土)水城公園にて【桜ボンボリまつり】が開催されます。

 行田市内は4月の上旬が、桜の満開時期でお花見に最適です。

野点にフリーマーケット・食品販売などがあり、忍城おもてなし甲冑隊の出陣もあります。

終始、和やかな雰囲気に包まれた会場ですので、ゆっくり家族そろって楽しめるおまつりになっています。

ご家族お友達、お誘い併せの上お越し下さい。

 お花見のお供にゼリーフライがオススメですよ。

野点.JPG

 

フリマ.JPG

  

 

✿・・。✿・・。✿・・。✿・・。✿・・。✿・・。✿・・。✿・・。✿・・。✿・・。✿・・。✿・・。✿・・。✿・・。✿・・。

日 時 平成27年4月4日(土)
場 所 水城公園市民広場(行田市水城公園1249)
開催時間

フリーマーケット・物産販売・食品販売:午前10時~午後3時

行田大茶会(無料):午前11時~午後2時(お菓子が無くなり次第終了)

駐車場 行田市役所・産業文化会館・行田バスターミナルの駐車場をご利用下さい。
問い合わせ先 行田市観光協会:(TEL048-556-1111(内線382))
※注意 雨天または強風の場合は、すべての出展イベントが中止となります。

 

足袋蔵まちづくりミュージアム臨時休業のお知らせ

平成27年3月10日(火)・3月13日(金)は、足袋蔵ミュージアム修繕工事のため臨時休業させていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

足袋蔵ガイドステーション2.jpg

 

問い合わせ先:足袋蔵ミュージアム(TEL:048-552-1010)

          行田市観光協会(TEL:048-556-1111<内線382>)

 

 

行田の足袋製造用具など国登録有形民俗文化財に登録されました。

平成27年3月2日(月)、行田市郷土博物館が所蔵する『行田の足袋製造用具及び製品』が国登録有形民俗文化財に登録されました。

埼玉県内では2件目の国登録有形民俗文化財になります。

行田の足袋の歴史を辿る文化財として、行田市郷土博物館にて所蔵・展示してある足袋製造用具は、明治中期以降から盛んになっていく足袋の工場生産化の変化を見る事が出来ます。

 元々、行田付近は綿花の生産が盛んであり農家の副業として小巾の白木綿や紺木綿を織っていました。

農業の閑散期にこのような副業があったことが、足袋の生産が発展を遂げた一つの要因ではないでしょうか。

そして本格的に足袋の生産地となるのは明治中期以降になります。

足袋工場にミシンが導入され作業工程の改革が進んでいくと足袋の生産は飛躍的にあがり、昭和13年には全国80%のシェアを占めます。

しかし戦後の服装の変化は著しく、靴下やサンダルなどに移行していくに従い生産は伸び悩みました。

現在では大手足袋企業数社の他にこれまでの足袋の形式にとらわれないデザイン性の高い足袋を製造する業者などが残っています。

戦後の移り変わりで衰えた足袋産業ですが今でも年間250万足から300万足の生産がありトップシェアを誇っています。

 行田市内には最盛期の名残である足袋蔵が点在しており、その中でも『足袋蔵まちづくりミュージアム』として利用されている足袋蔵は、観光案内所の役目も担いながら、足袋製造者の商標ラベルを復刻したものや足袋が販売されています。

行田市郷土博物館で足袋産業の歴史を学び、市内で足袋蔵散策をして当時の雰囲気に思いをめぐらせてみるのもいいかがでしょうか。

 

足袋の写真3.jpg

 

 

行田市郷土博物館

住所

〒361-0052

行田市本丸17-23

TEL 048-554-5911
開館時間 午前9時~午後4時30分(午後4時以降は入館できません。)
定休日

毎週月曜日(月曜が祝日の場合は会館。火曜日がお休みになります。)

毎月第4金曜日(企画展中は会館)

駐車場 第一・第二駐車場含め61台
ホームページ http://www.city.gyoda.lg.jp/kyoiku/iinkai/sisetu/hakubutukan.html

 

足袋蔵まちづくりミュージアム

住所

〒361-0073

行田市行田5-15

TEL 048-552-1010
開館時間 午前10時~午後4時
定休日 年末年始・8/13~8/16
駐車場 2台
ホームページ http://www.tabigura.net/machidukuri.html

 

 

 

NHK-BSプレミアム『にっぽん横断こころ旅』お手紙募集中!!

NHK-BSプレミアムで期間放送されている『にっぽん横断こころ旅』‟春の旅”の放送が3月30日(月)から始まります。

こころ旅とは?】

視聴者から寄せられた「思い出の風景」「心に残った風景」「忘れられない風景」の思いを綴ったお手紙をもとに、俳優・火野正平さんが相棒の自転車‟チャリオ”と共に、あなたの心にある風景をめぐるサイクルツーリング。

火野さんの飾らない人柄と‟こころ旅”で出会う日本各地の人々との交流や美しい景色も見どころとなっています。

 

「2015春の旅」では和歌山県をスタートし埼玉県を通り、北海道を目指す桜前線とともに上昇し初夏の風香る季節までのルートになっています。

埼玉県には4ヶ所訪れる予定となっていますので、あなたの「行田のこころの風景」をお手紙に綴り、行田市を紹介してみませんか?

行田市内は、観光地としての一面と、どこかノスタルジーを感じる事の出来る一面がある街です。

まだ誰も知らないあなただけの行田のこころの風景を教えて下さい。

✿・・✿・・✿・・✿・・✿・・✿・・✿・・✿・・✿・・✿・・✿・・✿・・✿・・✿・・✿・・✿・・✿・・✿・・✿・・✿

応募方法

NHKホームページ「こころの旅エピソード」投稿フォーム、または郵便・FAXにてご応募下さい。

NHK『にっぽん横断こころ旅ホームページ』からのご応募http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/

郵便またはFAXでのご応募:(1)住所・(2)氏名・(3)年齢・(4)性別・(5)電話番号・(6)あなたのこころの風景・(7)場所にまつわるエピソード(8)こころの風景写真(あればでOK)を専用応募用紙(NHKホームページからダウンロード)または、封書(便箋2~3枚程度)に明記の上ご応募下さい。

 

【住所】:〒150-8001NHK放送センター「こころ旅」係

【FAX番号】:03-3465-1327

番組・応募に関するお問い合わせ

NHKふれあいセンター

【電話番号】0570-066-066(ナビダイヤル)

*ナビダイヤルがご利用になれない場合は(050-3786-5000)

 

応募締め切り平成27年4月13日(月)

 

沢山の素敵なエピソードお待ちしております。

 

 

 

桜ボンボリまつり<フリーマーケット・食品販売出展者申込みについて>

平成27年度4月4日(土)に水城公園にて行われる桜ボンボリまつりでのフリーマーケットと食品販売出展者を募集します。

《日時》平成27年4月4日(土) 10時~15時 *雨天中止

《会場》水城公園市民広場

《主催》行田市観光協会

 

『出展要綱』

<フリーマーケット>

①募集数:16区画(1区画3m×3m)

②出展料:1区画 1,000円

③応募方法:往復はがきの往信面に代表者の住所・氏名・職業・日中連絡可能な電話番号・出品内容を記入。

        返信用のあて先には応募者の住所・氏名を明記。

(注意)*応募多数の場合は先着順となります。

     *1グループまたは個人1区画のみとし、重複の応募は無効になります。

     *生物類・飲食物の出品及び営利目的の参加は不可とします。

 

<食品販売>

①募集数:9店

②出展料:1店(間口4m×奥行き3m) 2,000円

③応募方法:往復はがきの往信面に代表者の住所・氏名・職業・日中連絡可能な電話番号・出品内容を記入。

        返信用のあて先には応募者の住所・氏名を明記。

(注意)*応募多数の場合は先着順となります。

     *1店舗1区画とし、重複応募は無効になります。

            *営業許可を受けている事(アルコール類の販売禁止)器具・機材等は出展者が用意する事。

 

~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

送り先:〒361-8601行田市本丸2-5

行田市観光協会までお送り下さい。

3月16日(月)必着

問い合わせ先:行田市観光協会(商工観光課内:048-556-1111<内線382>)

 

H26桜ボンボリ.JPG

 

 

Booty桜フェスin行田市

平成27年4月5日(日)行田市内、水城公園を拠点としてコスプレイベントBooty桜フェスin行田市が開催されます。

 行田市内には、観光地以外にもさまざまなロケーションがあります。

今回、コスプレイベントにて使用可能なロケ地は『忍城』、『水城公園』、『行田市民プール』、『諏訪神社』、『新町通り商店街』、『商工センター』となっています。

当日は、忍城おもてなし甲冑隊や彩光戦士サイセイバーとも一緒に写真撮影できます。

こちらのコスプレイベントに参加する方法は、『Booty』ホームページ内『Booty Event』ページの申込みフォームにて受け付けています。

事前申込み者のみの参加になりますのでご了承下さい。

 詳しいイベント内容や申込みは『Booty』ホームページまで。

コスプレイヤーさん・カメラマンさん共に参加費1,000 円 となっています。

 主催者の注意事項を守り楽しいイベントにしましょう!

『Bootyホームページ』:http://bootyjapan.jp/event/7

 お問い合わせ先:ケイアイコーポレーション(TEL:03-5875-3367)

 

DSCF1032.JPG

 *画像は水城公園です。

« 2015年2月 | メインページ | アーカイブ | 2015年4月 »