行田市観光の最新情報をリアルタイムにお届けする観光協会公式ブログです。
行田市観光協会が行田市の魅力をお伝えするブログです!最新の情報はこちらから。
2015年11月の記事
行田 酉の市2015

寒さも厳しくなる師走。

平成27年12月6日(日)『行田 酉の市』を開催します。

皆様にとって今年はどんな年だったでしょうか。

いつも辿りつく感情は、きっと一年を無事に過ごせた事への感謝なのではないでしょうか。

自然災害など、心休まらない一年でしたが喜ばしい出来事も沢山ありました。

来年も今年以上に明るい出来事が多い年になりますよう願いつつ来年に向けて「開運・家運隆昌・商売繁盛」を祈念する酉の市に御家族、お友達をお誘い合わせの上、お越し下さい。

 

 

酉の市2013.JPG

酉の市当日は、国道125号線の一部に交通規制がかかります。

交通規制については行田市観光協会(☎048-556-1111)までお問い合わせ下さい。

また、交通規制図は行田市役所商工観光課・行田市観光案内所・ぶらっと♪ぎょうだにて配布しております。

 ◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆

開催日:平成27年12月6日(日)

開催場所:愛宕神社(行田市行田24番15号)

交通案内:秩父鉄道行田市駅 徒歩10分

(注意)交通規制時間:15時から21時

 

 

わらアートまつり2015

平成27年11月29日(日)は古代蓮の里にて『わらアート』完成公開イベントとして『わらアートまつり2015』を開催します。

わらアートの作業は10月中旬から始まり、刈ったわらを乾燥させ【とば編み】という作業を経てオブジェの骨組みに巻きつけ、完成となります。

【とば編み】とは、わらの束をのれん状に編んでいく作業で1枚で4メートルの長さになります。

今回のわらアートで使われたとば編みは、約200枚ほど。

オブジェの巻きつけ作業は、武蔵野美術大学の学生さんも加わり活気ある現場で作業が続けられました。

田んぼアートの稲わらを利用し作られたわらアートは、沢山の人の思いをつないで作り上げられます。

どんなわらアートになっているかは11月29日(日)に古代蓮の里へ確かめに来て下さい。

そして、古代蓮の里のイルミネーションと共にわらアートも平成28年3月27日(日)までライトアップされます。

昼と夜、どちらも趣の違うわらアートを楽しむ事が出来ますので、皆様お誘い併せのうえ暖かい格好でお越し下さい。

 

わらアート2015.jpg

 

問合せ先:巨大なわらアート製作実行委員会(☎048-556-1111(内線374))

わらアート設置会場:古代蓮の里(行田市小針2375番地1)

            

 

 

 

 

食と農と環境フェスタ ぎょうだ❝夢❞まつり2015

平成27年11月23日(月・祝)に産業文化会館前にて『ぎょうだ“”まつり2015』を開催します。

そして今年は、3月2日に行田市郷土博物館が所蔵する「行田の足袋製造用具及び製品」が国登録有形民俗文化財に登録された事をきっかけに、行田の足袋に関心を持ってもらえるようステージイベントにて『ぎょうだ足袋コレ』を開催します。

『温故知新』をテーマにこれまでの足袋のイメージを一新するようなデザインと和装と言う形式にとらわれない、現代ファッションを融合したコレクションを目指しています。

 

 夢まつり2015.jpg

また、恒例となりました『ゼリーフライ大食い大会』

言わずと知れた行田市のご当地グルメ・ゼリーフライの大食い大会です。

年々ヒートアップする挑戦者たちを迎え、今年も忍城おもてなし甲冑隊から酒巻靱負殿が参戦します!

勝敗はどうなるのか!!ぜひ応援に来て下さい。

(注)ゼリーフライ大食い大会の参加者応募は定員に達したため、締め切りさせていただきました。

A3ゼリーフライ大食い.jpg

その他にも行田市内業者を中心とした食を楽しめるブースやステージイベントもあり、盛りだくさんのお祭りとなっています。

食べて、学んで、体験して楽しめる『ぎょうだ“夢”まつり2015』に皆様お誘い併せの上お越し下さい。

 

 問合せ先:ぎょうだ“”まつり実行委員会(行田市役所商工観光課内)☎048-556-1111(内線374)

            

 

 

 

« 2015年10月 | メインページ | アーカイブ | 2015年12月 »