行田市観光の最新情報をリアルタイムにお届けする観光協会公式ブログです。
行田市観光協会が行田市の魅力をお伝えするブログです!最新の情報はこちらから。
2017年5月の記事
蓮まつり俳句・写真コンテスト2017

今年も、「蓮まつり俳句・写真コンテスト」を開催いたします。

毎年、多くの感性輝く作品が集まるこのコンテストは、年齢問わずどなたでも応募出来ます。

 

沢山の方のご応募をお待ちしております。

   

 

応募期間 6月19日(月)~7月21日(金)

 

✿ 蓮まつり 俳句コンテスト

▸ 題   材   平成29年度の蓮開花時期に「古代蓮の里」の蓮を題材にしたもの

▸ 投   句   1人につき2句まで

複数の応募用紙を投句した場合は失格とさせていただきます。

▸ 応募方法  所定の投句用紙に、楷書でふり仮名をつけ、住所・氏名・年齢・(小・中学生は学年)・電話番号を明記し、古代蓮の里園内2ヶ所または、古代蓮会館内の投句箱に投函してください。

▸ 発   表  10月上旬、郵送及び当協会ホームページにて発表

 

✿ 蓮まつり 写真コンテスト

▸ 題   材   平成29年度の蓮開花時期に「古代蓮の里」で撮影した蓮花や蓮花の風景

▸ サ イ   ズ    カラープリント4ツ切(254×305)、ワイド4ツ切(254×366)、A4(210×297)

規定サイズ以外のものは失格となります。

▸ 出 品 数    1人につき1点まで 

▸ 出 品 料     無料

▸ 応 募 先    行田市観光協会(行田市役所商工観光課内)

            〒361-8601埼玉県行田市本丸2番5号 

▸ 発  表     10月上旬、郵送及び当協会ホームページにて発表

 

指定の応募用紙は、いずれも古代蓮会館、古代蓮の里園内投句箱2ヶ所に設置してあります。

 また、こちらからもダウンロード可能です。

俳句コンテスト応募用紙.pdf

写真コンテスト応募用紙.pdf

 

             

平成28年度「蓮まつり俳句コンテスト」最優秀賞作品

百代の 色を重ねし 古代蓮」 小林紀久夫さん

 

平成28年度「蓮まつり写真コンテスト」   特選 「早朝の集会」 斉藤郁太郎さん

 「早朝の集会」斉藤郁太郎.jpg

 

 

 受賞作品については、平成29年10月13(金)から11月12日(日)まで「古代蓮会館」にて展示会を開催します。

 

 

問合せ先 行田市観光協会(行田市役所商工観光課内)

       048-556-1111(内線389)

 

菊苗無料配布を行います!

平成29年6月6日(火)、午前9時から行田市郷土博物館玄関前にて菊苗の無料配布を行います。

今年も、ポピュラーな厚物と管物の2種類の菊苗が配布されます。

 

厚物

 厚物 白.JPG

 

管物

 管物2種.JPG

 

 初心者の方でも分かりやすい栽培の仕方の説明書もありますので、菊の栽培にチャレンジしてみたい方はこの機会にご来場下さい。

配布は一人一株となっていますので、皆様の手に行き渡るようにルールを守ってご参加下さいますようお願いします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

配布場所:  行田市郷土博物館 玄関前

配布時間:  午前9時から(無くなり次第終了)

住   所:  行田市本丸17-23

問合せ先:  行田市菊花連絡協議会事務局 商工観光課内

         048-556-1111(内線389)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

カジュアル欧風酒場バッカス

行田市向町にある「カジュアル欧風酒場バッカス」をご紹介いたします。

 

バッカス3.tif

バッカス2.tif

 

店内は70~80席と広く、宴会や法事など、団体様も受け入れ可能です。

メニューも豊富で、どれも絶品。中でも「伝説のからあげ」は一押しで、ランチメニューでも食べることができます。

まるで隠れ家のような居酒屋で、美味しい料理と共にお酒を飲んで、楽しい一時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

バッカス1.tif

 

-------------------------------------------------------

    カジュアル欧風酒場 バッカス

住    所   〒361-0075 行田市向町1-10

T  E  L     048-598-6686

F  A  X     048-598-6643

営業時間    ランチ  11:30から15:00まで(土日祝休み)

         ディナー 夕暮れから限界まで

定 休 日    たまに

 ------------------------------------------------------

足袋蔵ページを追加しました

平成29年4月28日、 「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」のストーリーが日本遺産に認定されました!

県内で初、全国でも今回を含め54件の認定となりました。

その中でもメインとなる、足袋蔵のページを新たに追加いたしました。

http://www.gyoda-kankoukyoukai.jp/tabigura.html

なお、ページ内にも記載があるように、多くの蔵は個人所有のため外観見学のみとなりますのでご了承ください。

« 2017年4月 | メインページ | アーカイブ | 2017年6月 »