行田市観光の最新情報をリアルタイムにお届けする観光協会公式ブログです。
行田市観光協会が行田市の魅力をお伝えするブログです!最新の情報はこちらから。

TOP > お知らせ > 行田市の「埼玉(さきたま)古墳群」が国の特別史跡に指定されることになりました

行田市の「埼玉(さきたま)古墳群」が国の特別史跡に指定されることになりました

 

さきたま古墳群.jpg

行田市の「埼玉古墳群」が、古墳群としては東日本で初めて国の特別史跡に指定されることになりました。

特別史跡は学術上特に価値が高く、有形文化財の「国宝」に相当するもので、埼玉県内では初めての指定となります。

 

「埼玉古墳群」は埼玉県名発祥の地行田市大字埼玉(さきたま)にあります。5世紀後半から7世紀はじめころまでにつくられた古墳群で、国宝「金錯(きんさく)(めい)(てっ)(けん)」などが出土した稲荷山古墳など前方後円墳8基と、国内最大級の円墳で直径105メートルの丸墓山古墳の大型古墳計9基から構成されています。

 

「埼玉古墳群」とその周辺はさきたま古墳公園として整備されており、公園内の「はにわの館」では自分だけのはにわや土器などを作ることができます。

はにわの館HP「https://www.ikiiki-zaidan.or.jp/haniwa/index.html

 

さらに、市内の各所で前方後円墳の形をした行田古代米カレーを楽しむことできます。行田市産の食材を使用し、お店ごとに違った味、盛りつけ、トッピングで、食べ比べしてみたくなる行田オリジナルカレーです。古代米の色素に含まれている鉄分は貧血予防、ポリフェノールは動脈硬化の予防や血管年齢の若返が期待できます。美味しくて、健康的で、まさに一石二鳥です!

さきたま古墳・行田古代米カレーの会HP「http://kodaimai.net/

 

古墳を見て、登って、作って、食べて、古墳づくしの観光はいかがでしょうか!!