行田市観光の最新情報をリアルタイムにお届けする観光協会公式ブログです。
行田市観光協会が行田市の魅力をお伝えするブログです!最新の情報はこちらから。
「お知らせ」のブログ記事
行田市の特別住民になりました。

空気が乾燥してきて風邪を引きやすい季節になってきました。

静電気も発生しやすくなります。

寒くなってきましたので暖房も使うようになりますね。

それに伴い、火事が増えます。

火の始末をしっかりして火事を防ぎたいものですね。

こぜ&フラ消防.jpg

 

フラべぇとこぜにちゃんも火事の心配をして、今月は「火の用心」をPR中です。

こぜ&フラみに.jpg

 

ミニフラべぇとミニこぜにちゃんも素敵な消防士さんのコスチュームを着て呼びかけています。

 

そして、11月3日()文化の日にフラべぇとこぜにちゃんが行田市の特別住民になりました。

誕生してから5年…色んな場所で活躍し、テレビにも出ました。

これからも行田市とゼリーフライ・フライのPRとともに皆さんの応援に応えていけるような活動をしていきます。

現在、行田市ホームページからフラべぇとこぜにちゃんの特別住民票がダウンロードできます。

行田市役所にお立ち寄りいただければ、市民課で配布していますのでお気軽にお声掛け下さい。

フラべぇ住民表.jpg

 

こぜに住民票.jpg

 

行田市役所ホームページ

http://www.city.gyoda.lg.jp/13/01/11/kozeni/tokubetsu.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古代の体験が出来る!さきたま秋祭り2014

11月14日()は、埼玉県民の日です。

埼玉史跡の博物館とさきたま古墳公園の敷地内で『さきたま秋祭り』が開催されます。

古代体験や行田物産の販売、忍城おもてなし甲冑隊の演舞や深谷市からのスペシャルゲストでふっかちゃんがふっカーゴに乗って登場!

さきたま史跡の博物館では、企画展『ハニワの世界』も開催しています。

現在、さきたま古墳公園では紅葉も始まり、大変美しい景色が広がっていますので紅葉狩りも楽しめます。

埼玉県発祥の地として名高い行田市埼玉で開催される『さきたま秋祭り』に暖かい格好をして、ご家族やお友達を誘ってご参加下さい。

 

秋祭り.jpg

  

さきたま史跡の博物館ホームページ

http://www.sakitama-muse.spec.ed.jp/

浮き城楽市と手づくり市

11月9日(日)忍城時代まつりと同日に行田市内中心地で『浮き城楽市と手づくり市』が開催されます。

商店街を中心に市民の方も参加し、飲食の販売やさまざまな手づくりをした品を販売します。

食のイベントでは「忍城かいひめカレー」「スペイン料理パエリヤ」「揚げピザ」「忍城ご城下そば」が数量限定の特別価格で販売します。

商店街では、この日に限り通常販売している商品や飲食物をサービス価格で販売します。

『忍城城下にねむる秘宝を探せ!』という宝探しイベントもあり、正解者100名様には豪華商品がプレゼントされます。

11月9日(日)は忍城時代まつりと併せて楽しめるイベントが盛りだくさんです。

行田市内の商店街と市民の方で創り上げた『浮き城楽市と手づくり市』に参加して商店街を盛り上げていきましょう。

 

IMG_0872.JPG

 

**************☆***************☆****************☆*************

 お問い合わせ先:行田市商店街連合会(TEL048-556-8003)

**************☆***************☆****************☆*************

 

 

日刊さいたま~ず

NHK FMさいたま放送局にて毎週月曜日~金曜日まで午後6時から放送中の『日刊さいたま~ず』で行田市が特集されます。

「行田の自慢」について行田市立埼玉小学校観光情報館ぶらっと♪ぎょうだ忍城おもてなし甲冑隊の皆さんがインタビューに答えています。

行田には沢山の名所がありますが、市外の方が知らないディープな情報も織り交ぜた内容となっています。

放送は11月5日(水)の「カルチャー」特集の日になります。

ぜひご清聴ください。

 NHK埼玉放送局.jpg

 

『NHK FM 日刊さいたま~ず』

♪☆:。。♪☆:。。♪☆:。。♪☆:。。
 

 http://www.nhk.or.jp/saitama/program/nikkan/

♪☆:。。♪☆:。。♪☆:。。♪☆:。。
 

第40回行田市菊花展

 平成26年10月31日(金)~11月9日(日)まで行田市郷土博物館入り口付近にて『第40回行田市菊花展』が開催されます。

今年は、出展された菊のできが良く,審査が難航しました。

菊の審査は厳しく、栽培者の皆様は出展される日まで丁寧に細部いたるまで気を配って苗から育ててきました。

甲乙つけがたい中、選ばれた菊は、栽培者の並々ならぬ菊栽培への努力と情熱が感じられます。

 

菊2 (1).JPG

 

例年に比べ、一般の方の出展やツリー型にした菊などもあり会場の華やかさが一層増しています。

菊 正面.JPG

 

郷土博物館に来た際には、菊花展も盛大に開催しておりますので観賞していってください。

 

行田市郷土博物館

 http://www.city.gyoda.lg.jp/kyoiku/iinkai/sisetu/hakubutukan.html

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73