足袋蔵めぐり


アクセス アクセス マップ

 

 

蔵の多くは個人所有のため、外観見学のみとなります

 

大澤久右衛門家住宅・土蔵 外観見学のみ

大澤久右衛門家住宅・土蔵

江戸時代の行田町最大の豪商であった藍染の綿布問屋の江戸時代後期建設と思われる住宅と土蔵。土蔵は現存する最古の足袋蔵で、弘化3年(1846)の大火の際には、この2棟が延焼を食い止めました。

今津印刷所店蔵・主屋・土蔵 外観見学のみ

今津印刷所店蔵・主屋・土蔵

江戸時代後期〜末期の建設と思われる現存する行田最古の店蔵で、店舗後ろの住宅部分は"半蔵造り"になっています。今津印刷所は江戸時代の元禄年間(1688〜1703)創業と伝えられる老舗印刷所で、店蔵の後ろには味噌蔵が続いています。田山花袋の小説『田舎教師』に登場する"行田印刷所"のモデルになった印刷所であり、当時の活版印刷機も店蔵内に残されています。

森家土蔵・古蛙庵        外観見学のみ

森家土蔵・古蛙庵

嘉永3年(1850)と明治45年(1912)棟上の2棟の土蔵造りの足袋蔵。前者は既存の土蔵を明治時代に足袋蔵に転用したもので、現在は私的な民芸館「古蛙庵」として活用されています。

十万石ふくさや行田本店店舗 店舗利用以外は外観見学のみ

十万石ふくさや行田本店店舗

十万石の本店として知られるこの黒漆喰塗りの重厚な店蔵は、元は呉服商山田清兵衛商店の店舗として明治16年(1883)に棟上げされたものです。行田では珍しい江戸様式の店蔵で、昭和27年(1952)に青柳合資会社の足袋蔵となり、昭和44年(1969)から十万石の店舗となりました。昭和53年(1978)に改修が行われ、外壁にナマコ壁が設けられています。行田を代表する店舗と言えます。

牧野本店店蔵・主屋・土蔵・足袋とくらしの博物館

                       

牧野本店店蔵・主屋・土蔵・足袋とくらしの博物館

「力弥足袋」の商標で知られた牧野本店の店舗兼住宅は、大正13年(1924)頃に建てられた行田を代表する"半蔵造り"の店蔵です。右脇の木造洋風2階建ての工場は、大正11年(1922)に棟上されたもので、現在はNPO法人ぎょうだ足袋蔵ネットワークによって、「足袋とくらしの博物館」として再活用されています。全盛期の行田の足袋工場の様子を再現した館内で、足袋づくりの実演見学や、"My足袋づくり"体験(要予約)をすることができます。

時田家住宅・時田蔵      外観見学のみ

時田家住宅・時田蔵

「神武足袋」、「かるた足袋」等の商標で知られた時田啓左衛門商店が大正時代頃に建設した足袋蔵です。この奥にも明治36年(1903)竣工の足袋蔵が並んでいます。この土蔵は左側にある昭和15〜16年(1940〜1941)頃建設の住宅と繋がる行田では珍しい表通りに面した袖蔵形式の足袋蔵です。なお、時田啓左衛門商店は忠次郎蔵の向かい側にも昭和4年(1929)に大型の時田足袋蔵(土蔵)を棟上しています。

保泉蔵                 外観見学のみ

保泉蔵

城下町特有の短冊型の細長い敷地に並ぶ、行田一の足袋原料商であった保泉商店の足袋蔵群です。その後ろの小型の土蔵が明治後期の建設と推測されています。次の大型の土蔵が大正5年(1916)建設、一番後ろの石蔵が昭和7年(1932)棟上です。このほかに東側にモルタル蔵1棟があります行田を代表する蔵並みと言えます。

足袋蔵まちづくりミュージアム(栗代蔵)

                       

足袋蔵まちづくりミュージアム(栗代蔵)

この間口5間、奥行3間の二階建ての土蔵は、「旗印足袋」、「小町足袋」の商標で知られた栗原代八商店が、明治39年(1906)に日露戦争後の不景気で仕事を欲しがっていた職人に作らせた、と伝えられる足袋蔵です。現在はNPO法人ぎょうだ足袋蔵ネットワークによって、観光案内所兼まちづくり情報センターとして再活用されています。足袋蔵等についての問合せはこちらに。

Cafe閑居・足袋蔵ギャラリー門・クチキ建築設計事務所

                       

Cafe閑居・足袋蔵ギャラリー門・クチキ建築設計事務所

写真は「ほうらい足袋」、「栄冠足袋」の商標で知られた奥貫忠吉商店が大正5年(1916)に棟上した二階建てと三階建ての足袋蔵です。敷地内には昭和5年(1930)棟上の住宅、明治43年(1910)棟上の足袋蔵(土蔵)等も残されています。現在住宅がカフェに、足袋蔵がギャラリー、パン屋、事務所に各々再活用されています。ギャラリーでは不定期ながら展覧会等が開催され、貴重なアート発信の場となっています。

草生蔵                外観見学のみ

草生蔵

明治43年(1910)建設と伝えられている元金楽足袋株式会社の石造の足袋蔵。建設年代に疑問はありますが、最初期の石造の足袋蔵の代表例です。

イサミスクール工場       外観見学のみ

イサミスクール工場

現存する行田で最も歴史のある大規模足袋工場が、このイサミコーポレーションのスクール工場です。中央のノコギリ屋根の木造洋風工場が大正6年(1917)、入口右側の旧事務所が大正7年(1918)、入口左側のモルタル造の足袋蔵が昭和13年(1938)に棟上されています。そのほかにも足袋蔵(土蔵)、旧講堂、旧寄宿舎食堂、ポンプ小屋等があり、戦前の大規模足袋工場の姿を良く留めています。

田代蔵                外観見学のみ

田代蔵

元田代鐘助商店の大正時代建設の住居と土蔵(足袋蔵)、昭和2年(1927)建設の店舗・主屋と土蔵(足袋蔵)の5棟が、短冊形の敷地に一列に並んで建てられています。

旧忍町信用組合店舗     外観見学のみ

旧忍町信用組合店舗

大正11年(1922)建設の木造洋風銀行店舗。

足袋商店主たちが出資して創業した地元金融機関の創業時の店舗で、足袋産業の発展を支えました。

大澤家住宅旧文庫蔵     外観見学のみ

大澤家住宅旧文庫蔵

行田で唯一の鉄筋コンクリート組煉瓦造2階建ての足袋蔵で、「花型足袋」の商標で知られる大澤商店が大正15年(1926)に竣工させたものです。間口4間半、奥行2間半の行田では珍しい袖蔵形式の蔵で、南隣には昭和3年(1928)竣工の木造二階建ての住宅が、後ろには明治時代末期建設の足袋蔵が続いています。いずれも当時の足袋商店の栄華を伝える貴重な近代化遺産です。

旧小川忠次郎商店店舗及び主屋(忠次郎蔵)

                       

 
旧小川忠次郎商店店舗及び主屋(忠次郎蔵)

足袋原料問屋小川忠次郎商店の店舗兼住宅として大正14年(1925)に棟上された二階建ての土蔵造りの店蔵です。蓮華寺通りに面して店舗が建ち、その後ろにL字形に住宅部分が繋がっています。住宅部分は北側だけを土壁にした行田独特の"半蔵造り"です。この店舗は足袋蔵再活用のモデルとして整備され、現在はNPO法人忠次郎蔵によって、手打ちそば店「忠次郎蔵」として再活用されています。

あんど(奥貫蔵)         

あんど(奥貫蔵)

表通りに面して建つ白壁が美しいこの間口9間、奥行3間の2階建ての大型の土蔵は、「ほうらい足袋」、「栄冠足袋」の商標で知られた奥貫忠吉商店が、大正時代〜昭和初期頃に建設したと伝えられる足袋蔵です。足袋生産量の増加と共に大型化して行った足袋蔵の代表例で、足袋産業全盛期を象徴する近代化遺産と言えます。現在は蕎麦・創作料理の店「あんど」として再活用されています。

行田窯                外観見学のみ

行田窯

昭和初期頃の建設と思われる荒井八郎商店の二階建ての足袋蔵の一部を再利用した陶芸工房です。市内に残る数少ない木造の足袋蔵のひとつです。

鯨井家倉庫             外観見学のみ

鯨井家倉庫

昭和3年(1928)に建設された鉄筋コンクリート造の元足袋原料倉庫(足袋蔵)。現存する行田市唯一の戦前の鉄筋コンクリート造の足袋蔵です。

イサミコーポレーション足袋工場外観見学のみ

イサミコーポレーション足袋工場

イサミコーポレーションの昭和初期建設と伝えられるノコギリ屋根の木造洋風足袋工場です。昭和初期の足袋産業郊外進出を物語る近代化遺産です。

時田足袋蔵             外観見学のみ

時田足袋蔵

元時田啓左衛門商店の昭和4年(1929)棟上の大型の土蔵造りの足袋蔵。足袋産業の発展とともに足袋蔵が大型化していったことがわかります。

武蔵野銀行行田支店店舗 

武蔵野銀行行田支店店舗

市中心部に位置する鉄筋コンクリート造2階建ての本格的銀行建築です。忍貯金銀行の店舗として昭和9年(1934)に竣工しましたが、戦時中に行田足袋元売販売株式会社が建物を買収しました。戦後足袋会館(足袋組合の会館)となり、昭和44年(1969)から武蔵野銀行行田支店となっています。県内でも数少ない戦前の銀行建築であり、足袋産業とも深く関わる行田を代表する近代化遺産です。

旧荒井八郎商店事務所兼住宅・大広間棟・洋館(彩々亭)

                       

旧荒井八郎商店事務所兼住宅・大広間棟・洋館(彩々亭)

「穂国(ほこく)の足袋」の商標で知られた荒井八郎商店の"足袋御殿"と呼ばれた美しい庭園を持つ豪邸です。写真は昭和12年(1937)棟上の木造洋風2階建ての事務所兼主屋で、左手に昭和元年(1926)建設の木造和風平屋の大広間棟と、昭和7年(1932)建設の木造洋風3階建ての洋館が続いています。現在はいずれも和牛懐石「彩々亭」の店舗として再活用されています。

藍染体験工房「牧禎舎」   

藍染体験工房「牧禎舎」

牧禎商店が、創業に伴い昭和15年(1940)に建設した木造二階建ての事務所兼住宅と工場です。事務所兼住宅は落ち着いた佇まいの住宅建築で、欄間等の造りに当時の足袋商店の繁栄振りが伺えます。現在はNPO法人ぎょうだ足袋蔵ネットワークによって藍染体験&アーティストシェア工房として再活用されています。

孝子蔵                外観見学のみ

孝子蔵

江戸時代以来の短冊形の細長い敷地の奥に建てられた間口4間、奥行2間半の足袋蔵です。この2階建ての石蔵は、「孝子足袋」の商標で知られた大木末吉商店が昭和26年(1951)に棟上したもので、当時は木材不足で、主柱を建てずに大谷石を積み上げて壁を造り、その上に屋根を乗せています。窓も大谷石の引き戸です。戦後の行田を代表する足袋蔵のひとつです。

栗原家モルタル蔵       外観見学のみ

栗原家モルタル蔵

昭和28年(1953)に館林市の農家の米蔵を移築した元福力足袋有限会社のモルタル造の足袋蔵。数少ない戦後の移築転用された足袋蔵です。

小沼蔵                外観見学のみ

小沼蔵

昭和29年(1954)建設の元豊年足袋本舗の大谷石造の足袋蔵。戦後の行田の足袋蔵の代表例です。

このページのトップへ戻る