fbpx

行田観光ボランティア会

行田観光ボランティア会

行田観光には、「観光ボランティア」をぜひご利用ください。

行田市は、9基の大型古墳が残る「埼玉(さきたま)古墳群」や石田三成の水攻めに耐え、浮き城と名を馳せた「忍城」、江戸時代からの「足袋の街」として知られています。また、シーズンには「サクラ」、「行田蓮(古代蓮)」や「ホテイアオイ」が咲きます。このように、行田市は多くの史跡と豊かな自然に恵まれた歴史と文化のまちです。

食べ物では、「フライ」や「ゼリーフライ」といったこの周辺にしかないご当地グルメがあり市内随所で食べられますので由来を聞きながら食してみて下さい。

私たち『行田観光ボランティア会』は、創立以来18年のキャリアを重ねたスタッフが丁寧に市内の観光スポットをご案内しております。

お申込み・お問い合わせ

受付

行田市観光案内所 (午前9時~午後4時)       

連絡先

TEL:048-550-1611 FAX:048-550-1612

ご予約

案内日の2か月前から2週間前まで

人数

団体・5人以上のグループから

料金

無料  ※施設の入館料は別途かかります。

申込書

下記PDFより印刷

その他

コースは、休憩、トイレ、移動時間は含みません。
申込み終了後、観光案内所より確認の連絡をさせて頂きます。
尚、当日にお電話できない場合がございますのでご了承下さい。

ご案内推奨コース

➊忍城址コース  関東の名城忍城址を歩く

徒歩・30分~40分

待ち合わせ 行田市郷土博物館前、バスターミナル駐車場

行田市郷土博物館 (048-554-5911)
(所要時間30分~60分)
館内解説は、別途申し込み要

忍城址とその周辺
 本丸土塁 ~ 諏訪曲輪(東照宮) ~ 東門 ~ 浮き城の径 ~

 忍城関連史跡碑 ~ 水城公園(外堀)

❷蔵めぐりコース  日本一の足袋の街

徒歩・45分~約1時間30分

待ち合わせ 行田市商工センター1階
 観光案内所「ぶらっとぎょうだ」
 (休憩トイレ、お買い物、バス停有)

秩父鉄道行田市駅南側の区域に点在する代表的な足袋蔵をめぐります。
 忠次郎蔵 ~ 足袋とくらしの博物館(入館は土、日) ~ 十万石本店 ~
 武蔵野銀行 ~ 保泉蔵 ~ 栗代蔵(観光ガイドステーション)等

【My足袋作り体験及び館内説明は別途申し込み要】
足袋とくらしの博物館
(048-556-5171 ※土日10時~15時 時間外はメールにて問合せ)
E-mail:gyoda@tabigura.net

❸埼玉古墳群コース  古代、武蔵国の中心地

徒歩・45分~約1時間30分

待ち合わせ さきたま史跡の博物館前、または駐車場

さきたま史跡の博物館(048-559-1111)
(所要時間約30分)
館内解説は、別途申し込み要

丸墓山古墳 ~ 稲荷山古墳 ~ 将軍山古墳 ~ 二子山古墳

※八幡山古墳(関東の石舞台)【さきたま古墳群北東2km】については、相談下さい。

 

❹古代蓮の里コース 古代蓮と展望タワーから360度の眺望

徒歩・30分~1時間

待ち合わせ 古代蓮会館前

古代蓮会館
(所要時間約30分)

12万株の古代蓮と42種類の花蓮観賞。
※蓮の開花期間(6月下旬~8月上旬)の毎週土・日曜日及び祝日の午前8時から11時までは、現地にて随時ご案内していますので、予約なしでご利用頂けます。
田んぼアート7月~10月(古代蓮会館展望台)
イルミネーション12月~1月

❺のぼうの城コース 小説「のぼうの城」の舞台を行く

徒歩・約2時間

待ち合わせ 行田市郷土博物館前

忍城址 ~ 水城公園 ~ 佐間口(高源寺) ~

石田堤跡 ~ 丸墓山古墳(さきたま古墳公園)

※ 石田堤(堤根)県史跡は、車、自転車での移動をお勧めします。

  さきたま古墳公園から約2,5km