fbpx
行田市観光公式サイト

モデルコース

行田足袋の歴史にふれる旅(土日限定)

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email

足袋産業の歴史を学びながら、日本遺産のまちを満喫しよう♪

JR高崎線「行田駅」から市内循環バスで23分「忍城址・郷土博物館前」下車。または、秩父鉄道「行田市駅」より徒歩約15分。

❶ まずは足袋製造の歴史を深く知ろう

行田市郷土博物館

忍城の本丸跡地に位置する博物館。

多くの実物資料が展示されており、古代から現代にいたる行田の歴史と文化を学ぶことができます。

「足袋と行田」ゾーンでは、行田における足袋製造の歴史を学ぶことができます。

所要時間:約60分

住 所

行田市本丸17-23

電話番号

徒歩約10分

❷ 職人による足袋づくりを見学しよう

足袋とくらしの博物館

元足袋工場を再活用した博物館。

ベテラン職人が足袋づくりの実演を行っています。

また、毎月第2日曜日には足袋づくり体験ができる「My足袋づくり体験会」(要予約)も開催しています。

所要時間:約30分

住 所

行田市行田1-2

徒歩約2分

❸ 足袋蔵をリノベーションした蕎麦屋でランチ

忠次郎蔵

元足袋原料商店の店蔵をリノベーションした手打ちそば店。

日本遺産構成資産の郷土料理「ゼリーフライ」も味わえます。

所要時間:約60分

住 所

行田市忍1-4-6

電話番号

徒歩約2分

❹ 旅の思い出に行田足袋を♪

ぶらっと♪ぎょうだ

ぶらっと♪ぎょうだでは、無地の足袋からポップな柄足袋まで、豊富な足袋が揃っています。

また、足袋型のクッキーや煎餅等行田ならではのお土産もたくさんあります。

所要時間:約30分

住 所

行田市忍2-1-8(行田市商工センター1階)

電話番号

GOAL

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email