fbpx
行田市観光公式サイト

観光スポット

八幡山古墳石室

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email

八幡山古墳は、この周辺に広がる若小玉古墳群(わかこだまこふんぐん)の中心となる古墳で、7世紀前半に造られた直径約80mの大型の円墳と推定されています。昭和56年に復元整備されました。

石室からは、最高級の棺である漆塗木棺(うるしぬりもっかん)などが見つかっており、葬られた人物はかなりの権力者だったと推測できます。

奈良県明日香村の石舞台古墳(いしぶたいこふん)に匹敵する巨大な石室であることから、「関東の石舞台」とも呼ばれています。

基本情報

住 所

行田市藤原町1-27-2

電 話

048-553-3581(行田市役所文化財保護課)

時 間

公園は終日利用可能

【石室内の公開】
10:00~16:00

料 金

無料

定 休

【石室内の公開】土曜日・日曜日・祝日のみ公開(年末年始を除く)

アクセス

JR高崎線行田駅から市内循環バスで15分「藤原町」下車 徒歩6分
秩父鉄道行田市駅から市内循環バスで11分「藤原町一丁目」下車 徒歩11分

周辺情報

地蔵塚古墳 徒歩8分