fbpx
行田市観光公式サイト

観光スポット

地蔵塚古墳

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email

この古墳は若小玉古墳群に含まれ、墳頂に地蔵堂が安置されていることから、地蔵塚古墳と呼ばれています。

墳形は方墳と思われ、築造時期は7世紀中葉と考えられています。規模は、一辺約28m、高さ約4.5m、周堀幅約1m、深さ40~50cmです。石室の形態は胴張りで、奥壁と天井石は緑泥片岩(りょくでいへんがん)、他は安山岩の切石を用いています。

奥壁及び側壁下には、根石が置かれていました。遺物としては、石室内から鉄鏃(てつぞく:鉄製矢じり)片や須恵器片が少量出土しています。

この古墳の最大の特徴は、左壁・右壁及び奥壁に線刻画が描かれていることで、烏帽子(えぼし)を被った人物、弓を引いている人物、馬、水鳥、家と思われるものが描かれています。

これらの絵からは、広々と広がる沼で鳥が遊び、舟に乗り、かいで漕ぎ渡る景色が想像され、この石室に葬られた人物の生前の姿を描いたと考えられます。

基本情報

住 所

行田市藤原町2‐28‐1

電 話

048-553-3581(行田市役所文化財保護課)

時 間

公園は終日利用可能

料 金

なし

定 休

なし

アクセス

JR高崎線行田駅から市内循環バスで16分「工業団地」下車 徒歩4分
秩父鉄道行田市駅から市内循環バスで10分「若小玉郵便局前」下車 徒歩2分

周辺情報

八幡山古墳 徒歩8分