fbpx
行田市観光公式サイト

いがまんじゅうについて

いが饅頭は、埼玉県北部地域の穀倉地帯に伝わる和菓子です。あんの饅頭の周りに赤飯がまぶし、その姿が栗のイガのように見えることから名付けられたと言われています。

もともと、田植えの時期や夏祭りなので食べられていたソウルフードです。その後、和菓子店で販売されるようになりました。