観光スポットの紹介

さきたま古墳群 銅人形
忍城址・郷土博物館 田んぼアート
足袋・足袋蔵 行田軽トラ朝市
水城公園 大堰自然の観察室
古代蓮の里 ※名称をクリックすると、詳細へジャンプします。

より大きな地図で 観光スポットの紹介 を表示

さきたま古墳群

「金錯銘鉄剣」が出土したことで全国に知られている「稲荷山古墳」や、日本一の規模を誇る円墳「丸墓山古墳」など、9基の大型古墳が残されています。約30haの古墳公園内には、はにわ作りを体験できるはにわの館や埼玉県立さきたま史跡の博物館などもあり、古代のロマンを堪能できるスポットとして親しまれています。

また、付近には関東の石舞台といわれる「八幡山古墳」など、多くの史跡があります。
→ さきたま史跡の博物館 外部リンク
→ 行田市はにわの館 外部リンク
→ 八幡山古墳 外部リンク

はにわの館 丸墓山古墳,稲荷山古墳,八幡山古墳

忍城址・郷土博物館

忍城御三階櫓,郷土博物館

関東七名城の一つとされる忍城は、室町時代の文明年間に築城されました。時は戦国時代の終わり、豊臣秀吉の関東平定に際して、石田三成らによる水攻めにも果敢に耐えたことから「浮き城」の別名が生まれたと伝えられています。

現在の忍城御三階櫓は、明治6年に取り壊されたものを再建したもので、最上階からは市内の景色が一望できます。

昭和63年に開館した郷土博物館は、かつての忍城本丸跡地にあり、『行田の歴史と文化』をテーマとした展示を行っています。

鐘楼
→ 忍城おもてなし甲冑隊 公式ホームページ 外部リンク
→ 行田市郷土博物館 外部リンク

足袋

足袋


行田市には、明治時代から昭和時代に建てられた、200戸とも言われる蔵が存在しおり、市の中心部には“足袋蔵”と呼ばれる足袋の商品倉庫を中心に、足袋工場や店蔵、住宅などが数多く残されています。 また、武蔵野銀行行田支店店舗、十万石ふくさや行田本店店舗、大澤家旧文庫蔵などが国登録有形文化財に登録されています。

→ 「足袋蔵と行田市の近代化遺産」 パンフレット

行田の足袋は、江戸時代の中頃から旅行や作業用として作られてきました。 明治時代になるとミシンが使われるようになり、足袋の生産量は増大しました。 昭和13年には最盛期を迎え、年間約8,400万足を生産、全国シェアの約8割を占めるまでになり、“足袋の行田”として有名になりました。 また、平成27年には行田市郷土博物館が所蔵する「行田の足袋製造用具及び製品」が国登録有形民俗文化財に登録されました。

足袋蔵

水城公園

忍城の外堀の沼を利用して整備された公園です。浮き釣りも楽しむ事が出来るしのぶ池や、薄紫色の絨毯を敷きつめたかのようなホテイアオイが美しいあおいの池などがあり、心がなごむ癒しの場となっています。

あおいの池
水城公園

古代蓮の里

古代蓮の里

→ 古代蓮会館 外部リンク

約1,400年から3,000年前のものとされる行田蓮(古代蓮)をはじめとする42種類、約12万株の蓮が植えられています。午前中に開く蓮の花は、6月下旬から8月初旬にかけて見頃を迎えます。

敷地内にある古代蓮会館は、ジオラマや大スクリーン映像が楽しめる体験型施設で、小さなお子様からお年寄まで人気があります。

古代蓮会館

銅人形

→ 「わらべたちが遊ぶまち」パンフレット [PDF:1.97MB]

銅人形

国道125号線の市役所前から栄橋の間に、860mにわたってたち並ぶ櫓(やぐら)の上には、昔ながらの遊びに興じる銅製の童たちの姿(全39基)があり、個性あるその姿は街のシンボルとなっています。

銅人形

田んぼアート

お米の産地である行田市の水田を彩る新たな風物詩として定着しつつある田んぼアート。

水田をキャンバスに見立てて、色彩のことなる複数の稲を使い、絵や文字を表現するこの取組みは、行田の新しい観光スポットとして脚光を浴びています。

この田んぼアートは、6月中旬に田植えを行い、10月中旬に稲刈りを行います。

見ごろは、7月中旬から10月中旬までで、小針にある古代蓮会館展望室からご覧いただけます。

行田に訪れた際は、是非、お立ち寄りいただき、壮大なスケールからなるアートをご堪能ください。

→ 田んぼアートin行田 外部リンク

行田軽トラ朝市

近年、多少高価であっても、産地が分かる安心・安全な農産物を消費者が求めており、全国各地で地産地消活動が盛んになっています。

地産地消とは、「地域で生産されたものを地域で消費すること」です。

行田軽トラ朝市では、軽トラックの荷台の上に朝採りの新鮮な行田産農産物を載せて、生産者自らが対面販売を行います。
季節の野菜や花といった様々な農産物が皆様をお待ちしております。
是非、会場へ足を運んでください。

→ 行田軽トラ朝市 外部リンク

大堰自然の観察室

行田市を流れる利根川はサケ遡上の南限といわれており、近年は多くのサケが戻ってくる川となりました。
なかでも、市内の利根大堰には川を遡上する魚のための道、魚道が3本設置されており、「大堰自然の観察室」では魚道を遡っていくサケなどの魚を間近に見ることができます。

観察室から見られるサケの見ごろは10月中旬から11月中旬。アユの見ごろは4月下旬から5月下旬。

躍動感あふれる魚たちの遡上を是非、お楽しみください。

このページのトップへ戻る